打ち放しコンクリート 仕上げ

今回は奈良県の方にお邪魔して打ち放しコンクリートの仕上げをして来ました! そして今回仕上げに使った材料が無機材料のセメントで補修をしました
水性の塗料に比べれば仕上げるスピードは格段に落ちるのですが耐久性は格段によろしいかと思います!

打ちっ放しコンクリート 最初の状態です

この状態からの作業になります! 型枠の目地違いの段差がきつかったので前もって削って粗付けだけ終わらして前回は帰りました

すいません.. 粗付け部分の薄塗りの作業風景取り忘れてました..
使用した材料はポリマーミックス5番を今回は使用しました
この材料は水だけで練れるので良く僕は使ってます

それから白セメントと黒セメントを混ぜてハイフレックス(接着剤)も
混ぜてパタパタ叩いて馴染ましていきます
少しガスバーナーで乾かしたりして2回3回と叩いて馴染ませます

セメント系仕上げの完成

セメント系補修のメリット

仕上がりはやはりセメント系の方がコンクリート模様に仕上がりやすい

耐久性も有機の水性塗料に比べたら格段に良い 
補修した所が湿気で回りと同じように濡れ色(黒くなる)

セメント系補修のデメリット

場所によっては補修するのが難しく、白華現象が起きたら手直しの必要が出てくる

仕上げるスピードが塗料に比べて格段に落ちるのと回りがセメントの粉で汚れやすくなる